100年企業レポート vol.06 鳥取編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.鳥取県の100年企業に関する分析

街の風景(鳥取県)

南北2.4km、東西16km、最大高低差90m。広大な鳥取砂丘を有する鳥取県は、豊かな自然に囲まれている。自然に恵まれた環境の中で、二十世紀梨などの農産物が生産され、新鮮な海産物が水揚げされている。

また鳥取県では一次産業だけでなく、氷温技術などの独自の風土と天然資源を活用した最先端技術の開発により、付加価値の高い産業が発展したのである。
鳥取県の100年企業数は、229社であり、全国44位である。

250年以上前に鳥取県に伝えられた絣織りは、現在においてもその技術が根付いている。そのなかでも「倉吉絣(くらよしかすり)」「弓浜絣(ゆみはまかすり)」が有名である。
花、鳥、人名など日常生活に関連した柄が多く、藍色の地に白色の絣柄が特徴である絣織物は、江戸末期から大正時代にかけてさかんに作られ、農家の女性の手で絵絣が織られるようになった。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、鳥取県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

関連記事