100年企業レポートvol.11 大阪編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.大阪府の100年企業に関する分析


瀬戸内海や大阪湾に向かって流れる川が合流する地点にある大阪は、古くから日本の政治や経済の中心地として栄えてきた。江戸時代になり、政治の中心は東京に移ったが、大阪は「天下の台所」と呼ばれ、全国の経済や物流を取り仕切る商業の中心地として重要な役割を果たしていた。

大阪府の100年企業数は、1,909社であり、全国2位である。

江戸時代以降、大阪では伝統文化から派生した浄瑠璃(人形劇)や能楽堂など大阪独自の歌舞伎町民を中心とした文化が成熟した。また、懐徳堂や適塾といった私塾の学問も広まった。こうした文化や学問の発展は、開放的な気風や旺盛な企業家精神を生み出し、大阪の経済成長につながっているのである。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、大阪府の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ