100年企業レポート vol.13 宮城編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.宮城県の100年企業に関する分析


東北地方の東南部に位置する宮城県。太平洋側の三陸海岸やリアス式海岸ではサンマやカツオ、牡蠣といった海の幸に恵まれている。また、夏は涼しく、冬は温暖で雪が少ない気候は、野菜の栽培に適しており、せりやネギなどのご当地野菜を生み出している。そのほかにも、仙台牛をはじめとした牛肉、純米酒や仙台味噌など米文化の伝統が根強く、宮城県はさまざまな食材の宝庫と言える。

宮城県の100年企業数は、521社であり、全国26位である。

また、仙台といえば戦国大名の伊達政宗を思い浮かべる人も多いだろう。独眼竜とも呼ばれる片目の伊達政宗は、東北地方(奥羽)の南半分を支配するまでに上り詰めた名将である。また、伊達政宗が建てた「青葉城」とも呼ばれる天守閣のない仙台城は、国内でも屈指の難攻不落の名城として知られていた。200年以上も城を守り抜いた石垣は今も残り、多くの人が訪れる観光地となっている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、宮城県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ