100年企業レポート vol.15 山梨編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.山梨県の100年企業に関する分析


本州の内陸に位置し、盆地が多い山梨県。昼夜の寒暖の差が大きい、年間の日照時間が長い、年間の降水量が少ないという気候を生かして、古くからブドウや桃といった果樹が栽培されている。なかでも、「巨峰」や「甲州」など複数の品種ブランドがあるブドウは、山梨を代表する特産品として知られている。また、山梨県はワインの醸造も盛んであり、甲州ワインの生産量やワイナリー数は国産ワインのトップクラスともいわれている。

山梨県の100年企業数は、356社であり、全国40位である。

旧山梨県は甲斐国と呼ばれ、戦国時代の武田信玄をはじめ、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった名武将の要所として存続し発展した。明治時代になり、甲斐府から甲府県を経て、山梨県となった。またその頃には、新たに勧業政策として製糸業やぶどう酒醸造業が育成され、産業や文化がさらに発展したのである。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、山梨県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ