100年企業レポート vol.20 群馬編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.群馬県の100年企業に関する分析

街の風景(群馬県)
日本列島の中央部、内陸に位置する群馬県。流域面積日本一を誇る利根川は、みなかみ町の大水上山を水源として関東地方を北から東へ流れており、その流域は1都5県に渡る。そのような豊富な水が流れる群馬県では、多くのダムや用水路が作られており、近年では、その水力を主力とした水力発電や小水力発電の取り組みが進んでいる。県内には多くの発電所が作られ、国内有数の発電規模を誇っている。

群馬県の100年企業数は、577社であり、全国22位である。

また群馬県は、草津や伊香保、水上、四万をはじめとする有数の温泉地として知られている。その源泉数は453にも渡り、群馬県の温泉地は毎分4,000リットルもの温泉が湧くと言われている。泉質や種類も豊富であり、「自然湧出量日本一(草津温泉)」や「日本三大美人の湯(川中温泉)」、「天下一の露天風呂(宝川温泉)」など多くの人に知られる観光地として栄えている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、群馬県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

「100年企業戦略メンバーズ」へ登録すると、さらにお得な情報を無料でご提供します。

詳しくはこちら