100年企業レポート vol.24 岡山編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

岡山県の100年企業に関する分析

岡山街並み
「晴れの国」という愛称で呼ばれる岡山県は、日照時間と瀬戸内海の温暖な気候、豊かな大地に恵まれフルーツ大国として名高い。白桃やマスカット、ピオーネなどが生産され、品質の高さから国内外問わず評価されている。また、繊維、農業機械、耐火物などの地場産業が盛んである。この地場産業は、中国地方の他県と比べバラエティに富んでいることも特徴といえる。

岡山県の100年企業数は、659社であり、全国19位である。

岡山県には、江戸時代に天領として栄えた町並みを残す「倉敷美観地区」や、日本三大庭園のひとつである「岡山後楽園」など落ち着いた歴史スポットが多いのも特徴のひとつ。慶長2(1597)年に築城した岡山城は、全国的にも珍しい不等辺五角形の天守台をしており、関ヶ原合戦以前の古式を伝える天守として知られている。黒い下見板の姿から別名「烏城」と呼ばれており、月見櫓、西の丸西手櫓は重要文化財に指定されている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、岡山県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ