100年企業レポート vol.27 愛媛編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

愛媛県の100年企業に関する分析

愛媛県の街並み

温州みかんを含む柑橘類の収穫量・産出額ともに日本一を誇り、果物の県として知られる愛媛県。年間の平均気温が15度以上と温暖な気候が柑橘類の栽培に適していたことに加え、瀬戸内の海風をたっぷりと浴びた、ミネラル成分が多く含まれている土壌であることから、栄養価の高い果物に育つといわれている。

愛媛県の100年企業数は、430社であり、全国29位である。

愛媛県は、果物だけでなく、歴史ある観光名所が点在していることも魅力のひとつ。文豪・夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台としても知られる松山市内には、小説内で描かれている「道後温泉本館」や「坊っちゃん列車」があり、小説の舞台を楽しめる文学スポットとして毎年多くの観光客が訪れている。そのほか特産品のひとつでもある今治タオルの繊維業や製紙業など、今でも地場産業が代々受け継がれており、また時代に合わせて進化している。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、愛媛県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ