100年企業レポート vol.28 和歌山編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

和歌山県の100年企業に関する分析

和歌山県の街並み
本州最南端の地を擁する和歌山県は、温暖な気候と自然豊かな風土が特徴。海の荒波が生み出した自然の造形美や、日本三美人湯として名高い豊富な温泉地、高野山や黒江の街並みなど、エリアごとに異なる雰囲気を持つスポットが多い。三重県・奈良県・和歌山県にまたがる雄大な山々と美しい森に包まれた紀伊山地には、2004年に世界文化遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」があり、その代表格ともいえる熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)へと続く参詣道・熊野古道には、毎年多くの観光客が訪れている。

和歌山県の100年企業数は、373社であり、全国36位である。

和歌山県は、梅栽培に適した気候と土壌の恩恵を受け、梅の生産量日本一を誇っている。みなべ地方では、より品質の高い梅を求め品種改良し、梅の最高峰ブランドとして名を馳せる「南高梅」が生まれた。「南高梅」は、果実が非常に大きいことに反して、一般の梅よりも種が小さく、果肉が厚く柔らかいことが特徴。梅干しだけではなく、飲料や菓子にも加工され、日常の食卓のお供だけでなく、贈答品としても人気がある。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、和歌山県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ