100年企業レポート vol.30 千葉編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

千葉県の100年企業に関する分析

千葉県の街並み
房総半島と関東平野の南部にまたがる千葉県。都心へのアクセスがよく、ファミリー層に人気の東京都のベッドタウンでもある。臨海部には京浜工業地帯が広がり、石油化学コンビナートや製鉄所などが集積している一方で、温暖な気候と雄大な自然に恵まれ、全国でも有数の農業王国として豊富な農作物を生産している。なかでもほうれん草や日本なし、落花生などは収穫量日本一を誇る。

千葉県の100年企業数は、782社であり、全国14位である。

千葉県は観光資源もバラエティ豊かだ。浦安の世界的に有名なテーマパークや幕張のイベントホールなどの大型施設がある一方で、太平洋側に点在するサーフポイントや潮干狩りなど自然を楽しめるスポットも多い。また、成田国際空港から近いことから、海外からの観光客も多く訪れる真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」や、「小江戸」と呼ばれる水郷の街「佐原」など歴史を感じるスポットもあり、年間を通して多くの観光客が訪れ賑わいを見せている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、千葉県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ