100年企業レポート vol.40 神奈川編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

神奈川県の100年企業に関する分析

神奈川の街並み
東京都に次いで首都圏の中核を担っている神奈川県。港町で知られる「横浜」や幕府を開いた地である「鎌倉」などの歴史ある観光地のほか、北部には多数の登山スポット、南部には日本百景に選ばれている「江ノ島」、夏にはビーチで賑わう「湘南」など、山や海にも囲まれ自然豊かで理想的な環境である上、都内からのアクセスがよいため居住地としても人気が高い。また、工業も非常に盛んで平成30年の製造品出荷額は愛知県に次ぐ全国第2位という実績も持つ。

神奈川県の100年企業数は、902社であり、全国11位である。

日本は高齢者人口が世界最高で、その中でも神奈川県は高度経済成長期に転入した世代の高齢化などにより、特に高齢化のスピードが速い県とされているため、医療や介護等の現在の社会システムを今後も維持していけるかが課題となっている。 神奈川県では今、「未病の改善」と「最先端医療・最新技術の追求」の2つを柱とする「ヘルスケア・ニューフロンティア」というユニークな政策が進み、誰もが健康で長生きできる社会を目指している。

本レポートでは、100 年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、神奈川県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

関連記事