100年企業レポート vol.41 佐賀編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

佐賀県の100年企業に関する分析

佐賀の街並み
九州の北西部に位置し、大阪までは約500㎞の距離があるのに対し、朝鮮半島までは約200㎞しか離れていない佐賀県。そのため、大陸文化の窓口として歴史的、文化的に重要な役割を果たしてきた。佐賀を代表する陶磁器である「唐津焼」や「有田焼(伊万里焼)」、弥生時代の環壕集落である「吉野ヶ里遺跡」など、大陸からの影響を大きく受けている。

佐賀県の100年企業数は、366社であり、全国38位である。

佐賀の穏やかな空と広く開けた土地がバルーン(熱気球)の飛行条件に適し、毎年秋に嘉瀬川河川敷でアジア最大規模の熱気球大会「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が開催される。約100機のバルーンが参加し、色とりどりのバルーンがのどかな田園風景の中を飛ぶ景色はまるで絵本の1ページのよう。大会期間中の観客動員数は80万人を超え、佐賀県の大きな観光資源となっている。

本レポートでは、100 年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、佐賀県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ