100年企業レポート vol.43 栃木編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

栃木県の100年企業に関する分析

宇都宮の街並み

夕暮れの地方都市の景色(栃木県宇都宮市)


栃木県の北側に位置する日光や那須は、冬に氷点下になることも多いが、夏は涼しく過ごしやすく都心からのアクセスもよいことから避暑地としても人気が高い。涼しさだけではなく、四季折々に美しい姿を見せる「中禅寺湖」、迫力と優美さを感じる日光の「華厳ノ滝」、そして爽やかな高原が広がる「那須高原」など自然の豊かさも魅力である。日光や中禅寺湖は今でも多くの外国人観光客が訪れるが、明治時代には避暑地として外国人別荘や大使館別荘が建てられ外交官や政府要人で賑わったとされ、時代や国を問わず訪れる人を魅了している。

栃木県の100年企業数は、541社であり、全国24位である。

1955(昭和30)年頃、日本で玩具の生産が盛んになり本来は都内で工場の建設を検討したが、土地が高く購入が困難だった。当時壬生町の鉄道周辺の土地を所有していた東武鉄道が積極的に、玩具工場を誘致したことから、1965(昭和40)年に壬生町に「おもちゃの工場団地」が誕生し「おもちゃのまち」という地名がつけられた。高度経済成長期には玩具の発信基地として大量の玩具を生産し、世界中の子供たちに驚きと夢を提供してきたが平成以降は、新興国への工場移転などにより玩具工場は撤退。現在は大手玩具メーカーのミュージアムや博物館が建ち、今でも子供から大人まで夢中にしている。

本レポートでは、100 年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、栃木県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ