100年企業レポート vol.44 広島編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

広島県の100年企業に関する分析

広島の街並み
世界中の人に平和と人権の尊さを訴えるヒロシマの象徴、世界遺産の『原爆ドーム』『広島平和記念資料館』。『原爆ドーム』は、爆心地に近く被爆し大破しながらも全壊を免れた吹き抜けのレンガ造りの建物「広島県産業奨励館」が当時の悲惨さを伝える。被爆により後遺症で亡くなった、椿山ヒロ子さんの日記がきっかけとなり、破壊された建物を破壊されたときの状態で保存することが重要な意味を持つとされ、被爆体験を伝える貴重な建物として今も被爆当時そのままの姿を残し保存されている。広島記念公園内にある「平和の灯」は、1964年に核兵器廃絶と恒久の平和を願って点火され、世界から核兵器がなくなる日まで燃え続ける。

広島県の100年企業数は、860社であり、全国12位である。

品質がよく世界トップレベルの技術を誇る『熊野筆』。肌を優しくなでる化粧筆はハリウッドでも使われ、世界中で支持されている。『熊野筆』の産地熊野町は、江戸時代末期から筆づくりが盛んで「筆の都」といわれている。農業では生計が立たなかった熊野では多くの民が出稼ぎに行き、その際奈良地方から筆や墨を仕入れて売ったこと、そして村の若者が各地の筆職人から筆づくりを学び熊野の人々に熱心に教えたことが筆づくりのきっかけとなった。毛筆の技法を生かし本格的に生産され始めた画筆および化粧筆は,毛筆とともに熊野町の産業を大きく支え続けている。その『熊野筆』は、昭和50年(1975年)に毛筆業界として全国初、通商産業大臣(現在の経済産業大臣)により『伝統的工芸品』の指定を受けている。

本レポートでは、100 年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、広島県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ