100年企業レポート vol.46 高知編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

高知県の100年企業に関する分析

高知の街並み
毎年8月9日~12日の4日間で行われる南国土佐・高知の『よさこい祭り』。約18,000人の踊り子が工夫を凝らし、地方車には華やかな飾り付け、市内を乱舞する高知商工会議所が中心となり、市民の健康と繁栄を祈願し、経済復興の足掛かりにと『よさこい祭り』を発足。1970年に日本の祭り10選に選ばれ、1990年には『YOSAKOIソーランが誕生』し、よさこい祭りは全国に普及した。よさこい祭りを通して高知のまちや人に惹かれ、踊るために高知に移住・転職する人がここ数年増加傾向にある。高知市では「よさこい移住プロジェクト」を発足し移住者のサポートを進めている。

高知県の100年企業数は、207社であり、全国45位である。

高知県は黒潮が育む豊かな水産資源に恵まれ、さまざまな魚を採ることができる。なかでも有名なのが「カツオ」。カツオの消費量は全国トップクラスを誇り、「高知県の魚」として愛されている。全国では、カツオ漁は「巻き網漁」が行われていれているなか、高知県では今でも伝統的漁法の「一本釣り」が大半を占める。一度に多く採れる「巻き網漁」と異なり、時間や労力が掛かるが魚が傷つきにくく魚価も高い。カツオは高知県の強力なコンテンツとなっており、水産業だけではなく、食文化や観光を含め大事な基幹産業となっている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、高知県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ