100年企業レポート vol.47 奈良編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

奈良県の100年企業に関する分析

奈良の街並み
百人一首の歌でも知られ「いにしへの奈良の都」である奈良県には3つの世界遺産がある。日本独自の様式を確立したことから高く評価された「法隆寺地域の仏教建築物」や8つの資産で構成されている「古都奈良の文化財」、霊場に点在する社寺に加え自然が手つかずで残されている「紀伊山地の霊場と参詣道」。全国の都道府県の中では最多であり、日本が世界に誇る文化財の宝庫といえる。

奈良県の100年企業数は、372社であり、全国37位である。

日本一の桜の名所として知られる奈良県吉野山の桜は、約1300年前、修験道の開祖・役行者が行により日本独自の仏である金剛蔵王権現を祈った際、その姿をヤマザクラの木で刻みお祀りしたことが始まりといわれており、地元では信仰の対象として大切にされてきた。その数約3万本といわれ、そのほとんどが「シロヤマザクラ」であり、観賞用として江戸時代に誕生した「ソメイヨシノ」とは異なり、寿命が長く大木になることで知られている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、奈良県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ