【お知らせ】 オンラインセミナー 『渋沢栄一「論語と算盤」に学ぶ、100年企業の本質』を開催

デジタル化の進展やパンデミックの影響で世の中の不確実性が増すなか、渋沢栄一と著書「論語と算盤」が再び注目されています。渋沢栄一は、開国から昭和初期の激動の時代に、経済・道徳の両立と社会全体の繁栄を希求して、500以上の企業を設立し、福祉・教育・医療など多くの社会事業の整備にも尽力しました。

渋沢栄一が設立に携わった企業の多くが、100年を経た現在も社会・経済を牽引しています。時代を超えて発展する企業の根底には何があるのでしょうか。

第1部では、渋沢栄一の5代目子孫である、コモンズ投信株式会社取締役会長・創業者の渋澤健氏にご登壇いただきます。「論語と算盤」を紐解きながら、転換期にある今こそ経営者に必要な思考や、富の永続と循環に対して持つべき視座、100年企業の本質についてお話しいただきます。

第2部は、渋澤健氏とボルテックス100年企業戦略研究所所長 堀内勉のトークセッションです。アフターコロナとこれからの30年を見据え、経営者に求められる俯瞰力や企業価値を左右する要因について、識者2人が対談します。

皆様のご参加をお待ちしています。

■開催日時


2021年4月13日(火)14:00~15:40

■参加費


無料

■会場


Webライブ配信
●ご視聴について
開催当日までにご登録をいただきましたメールアドレス宛にセミナー詳細と参加URLをお送りいたします。
開催時刻になりましたらパソコン、またはスマートフォン、タブレットの画面でご覧ください。

■プログラム


・第1部 特別講演 60分
渋澤 健氏(シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役、コモンズ投信株式会社 取締役会長・創業者)

・第2部 トークセッション 30分
渋澤 健氏 × 堀内 勉(ボルテックス100年企業戦略研究所所長)

■登壇者プロフィール




渋澤 健 氏 シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役/コモンズ投信株式会社 取締役会長・創業者

渋澤氏

1961年、神奈川県生まれ。87年にUCLAでMBA取得。JPモルガン、ゴールドマン・サックス等を経て、米ヘッジファンド、ムーア・キャピタル・マネジメントの日本代表に就任。2001年に独立し、同年シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。2007年コモンズ株式会社を設立し、代表取締役に就任(2008年コモンズ投信へ改名し、会長に就任)。経済同友会幹事、UNDP(国連開発計画)SDG Impact Steering Committee Group 委員、金融庁サステナブルファイナンス有識者会議委員などを務める。『渋沢栄一 100の訓言』、『渋沢栄一 愛と勇気と資本主義』、『人生100年時代のらくちん投資』(以上、日本経済新聞出版)、『SDGs投資 資産運用しながら社会貢献』(朝日新聞出版)、『33歳の決断で有名企業500社を育てた渋沢栄一の折れない心をつくる 33の教え』(東洋経済新報社)、『超約版 論語と算盤」(ウェッジ)など著書多数。






堀内 勉 株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所 所長/多摩大学社会的投資研究所教授・副所長


東京大学法学部卒業、ハーバード大学法律大学院修士課程修了、Institute for Strategic Leadership(ISL)修了、東京大学 Executive Management Program(EMP)修了。日本興業銀行、ゴールドマンサックス証券、森ビル・インベストメントマネジメント社長を経て、2015年まで森ビル取締役専務執行役員CFO。2020年7月、株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所所長に就任。
ライフワークは資本主義とソーシャルファイナンスの研究。趣味は料理、ワイン、アート鑑賞、工芸品収集と読書。読書のジャンルは経済から哲学・思想、歴史、科学、芸術、料理まで多岐にわたる。著書に、『コーポレートファイナンス実践講座』(中央経済社)、『ファイナンスの哲学』(ダイヤモンド社)、『資本主義はどこに向かうのか』(日本評論社)。





■お申込方法   ※受付を終了いたしました。


お申込には、100年企業戦略メンバーズへの会員登録が必要です。
・会員の方:会員認証後に表示される「お申込はこちら」のボタンからお手続きをお願いいたします。
・会員未登録の方:会員にご登録いただいた後、メールにてお申込用のURLをお知らせします。

この続きは100年企業戦略メンバーズ会員専用です。クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

  • 100年企業戦略メンバーズ会員の方
  • 未登録の方はこちら無料会員登録

関連記事