動画

有識者による専門性の高い動画です。
一部会員専用の動画がございます。ご覧になるには、IDとパスワードが必要です。
ID・パスワードともに会員登録時に発行されるクーポンコードと同じものです。
100年企業戦略メンバーズへの登録は
こちらから

音声コンテンツはどなたでもお聞きいただけます。

※推奨動作環境はこちら

49件/1〜30件を表示

会員限定

「渋沢栄一「論語と算盤」に学ぶ、100年企業の本質」のアイキャッチ画像
セミナー動画 渋沢栄一「論語と算盤」に学ぶ、100年企業の本質

明治維新という「グレート・リセット」のただ中で近代日本の基盤をつくった渋沢栄一の玄孫であり、コモンズ投信会長の渋澤健氏に、これからの日本について語っていただきました。

動画を見る 関連コラム

会員限定

「リーダーが持つべき「ファイナンス思考」~未来企業価値を最大化する方法」のアイキャッチ画像
セミナー動画 リーダーが持つべき「ファイナンス思考」~未来企業価値を最大化する方法

シニフィアン株式会社でスタートアップへの経営資源提供を手がける朝倉祐介氏は、ファイナンス思考にこそヒントがあると言います。100年企業戦略研究所所長の堀内勉との対談を通して、その要諦を解き明かします。

動画を見る 関連コラム

「14-5. AIマップ、今できること」のアイキャッチ画像
ビッグデータと企業経営 14-5. AIマップ、今できること

AI(人工知能)の世界で今、一体何ができるのでしょうか。ここでは、人工知能学会が作成している「AIマップ」で見てみましょう。AIマップは2019年にβ版が作成され、2023年5月にはβ版2.0に改訂さ…

動画を見る 関連コラム

「14-4. ビッグデータの革新と企業経営の未来:ディープラーニングの歴史から学ぶ」のアイキャッチ画像
ビッグデータと企業経営 14-4. ビッグデータの革新と企業経営の未来:ディープラーニングの歴史から学ぶ

生成系AIの登場により第4次産業革命が始まったと言われていますが、これを実感できない人もいます。前のIT革命時、コンピュータの普及は生産性の統計にはすぐ反映されませんでした。

動画を見る 関連コラム

「14-3. DXを推進する意義」のアイキャッチ画像
ビッグデータと企業経営 14-3. DXを推進する意義

最近では、AI(人工知能)とデータドリブンな企業の関係について、よく議論されます。そもそもAIとは一体何でしょうか。データドリブンな企業は何でしょうか。さらには、DXとは何であるかについて、経営者は正…

動画を見る 関連コラム

「14-2. 未来都市と空き家予測の新展開」のアイキャッチ画像
ビッグデータと企業経営 14-2. 未来都市と空き家予測の新展開

私たちは自治体の住民基本台帳、固定資産台帳、及び水道使用契約情報を組み合わせ、「空き家」の発生を予測する実験を行いました。これらのデータ結合により、より深い解析が可能となりました。

動画を見る 関連コラム

「14-1. ビッグデータとデータサイエンス:進化、定義、および現代社会への応用」のアイキャッチ画像
ビッグデータと企業経営 14-1. ビッグデータとデータサイエンス:進化、定義、および現代社会への応用

最近では「ビッグデータ」や「データサイエンス」という言葉がしばしば聞かれるようになってきました。すでに企業の中ではいろいろなデータを使ってデータドリブンな経営に切り替え、DXを加速していこうという動き…

動画を見る 関連コラム

「13-4. 地方都市における企業不動産戦略の実践」のアイキャッチ画像
企業不動産戦略 13-4. 地方都市における企業不動産戦略の実践

地方は厳しい状況にあるなか、中小企業はどのような企業不動産戦略を立てるべきでしょうか。全国宅地建物取引業協会連合会の不動産総合研究所では、不動産業者が中心になって地域を再生した事例を集めています。

動画を見る 関連コラム

「13-3. 地方創生・中小企業の企業不動産戦略」のアイキャッチ画像
企業不動産戦略 13-3. 地方創生・中小企業の企業不動産戦略

政府も2014年に『まち・ひと・しごと創生総合戦略』を策定して「地方創生」を打ち出しましたが、地域の未来を考えるときに、誰が責任を持って将来の地域や社会や企業や家計の存在とその在り方を考えているのかが…

動画を見る 関連コラム

「13-2. 企業不動産戦略を策定する」のアイキャッチ画像
企業不動産戦略 13-2. 企業不動産戦略を策定する

企業不動産戦略を定義する際、13-1『企業にとっての不動産とは?』 で述べた「取引費用」「地代」「所得(賃金)」という3つのパラメータをもとにした最適な立地戦略を策定します。

動画を見る 関連コラム

「13-1. 企業にとっての不動産とは?」のアイキャッチ画像
企業不動産戦略 13-1. 企業にとっての不動産とは?

不動産は、土地と建物を一体とした1つの塊として考えることができます。土地の価値は、立地によって決まります。建物は空間としての価値を持ちますが、時間とともに価値は変化していきます。その価値を維持するため…

動画を見る 関連コラム

「12-3. 不動産市場におけるDXの推進」のアイキャッチ画像
不動産市場におけるDX 12-3. 不動産市場におけるDXの推進

不動産分野でのデジタルテクノロジーの活用を、日本では「不動産テック」と呼んでいます。アメリカでは不動産をリアルエステート(Real Estate)、イギリスではプロパティ(Property)と呼び、ア…

動画を見る 関連コラム

「12-2. 不動産市場における新しい技術」のアイキャッチ画像
不動産市場におけるDX 12-2. 不動産市場における新しい技術

不動産市場に新しい技術を導入することで不動産のデータを応用した、最新事例を紹介します。

動画を見る 関連コラム

「12-1. DXを推進する意義」のアイキャッチ画像
不動産市場におけるDX 12-1. DXを推進する意義

不動産市場でも以前から新しい技術が取り入れられていますが、DXの進展について過去、現在、そして未来を展望してみたいと思います。

動画を見る 関連コラム

「11-3. ビッグデータでみる「不動産市場」の未来」のアイキャッチ画像
ビッグデータでみる都市・不動産市場の未来 11-3. ビッグデータでみる「不動産市場」の未来

人口減少・高齢化は、どのようなことをもたらすのでしょうか。有名な「アセット・メルトダウン」という仮説があります。

動画を見る 関連コラム

「11-2. ビッグデータでみる「都市」の未来」のアイキャッチ画像
ビッグデータでみる都市・不動産市場の未来 11-2. ビッグデータでみる「都市」の未来

「未来を予見する」ときに参考になるのが、2017年10月に発表された『リアル・トレンド(Real Trends)』というレポートです。

動画を見る 関連コラム

「11-1. ビッグデータとは?」のアイキャッチ画像
ビッグデータでみる都市・不動産市場の未来 11-1. ビッグデータとは?

都市・不動産市場の中で起こっていること、いずれ起こるであろう未来を「ビッグデータ」から大胆に予測しようと思います。最初に「ビッグデータとは?」と題して解説します。

動画を見る 関連コラム

「10-2. 環境配慮型建築物の経済価値」のアイキャッチ画像
環境配慮型社会と不動産市場 10-2. 環境配慮型建築物の経済価値

環境配慮型建築物の経済価値を、どのように測定していくのか。これは高度な学術的領域の課題ですが、そのコンセプトをできるだけ分かりやすく解説しましょう。

動画を見る 関連コラム

「10-1. ESGと不動産市場」のアイキャッチ画像
環境配慮型社会と不動産市場 10-1. ESGと不動産市場

最近、ESGつまりEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)が、地球環境問題と合わせて大きな関心事となっています。このESGが「不動産市場と極めて密接な関係…

動画を見る 関連コラム

「9-2.金融危機(Global Financial Crisis)と不動産市場」のアイキャッチ画像
金融危機と不動産市場 9-2.金融危機(Global Financial Crisis)と不動産市場

2008年9月15日、投資銀行のリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの経営破綻で引き起こされた金融危機(Global Financial Crisis)、いわゆるリーマンショックがどのように起こった…

動画を見る 関連コラム

「9-1.不動産市場との連関を理解する」のアイキャッチ画像
金融危機と不動産市場 9-1.不動産市場との連関を理解する

今回、金融危機と不動産市場の関係について考えます。直近では2008年に発生した「リーマンショック」と言われる金融危機がありました。

動画を見る 関連コラム

「8-3. 金融政策は不動産価格に影響をあたえるのか?」のアイキャッチ画像
金融政策と不動産市場 8-3. 金融政策は不動産価格に影響をあたえるのか?

金融政策を変更したときに「もし不動産価格に影響を与える」のならば、どのようなチャネル(経路)を通じて影響が出てくるのでしょうか。

動画を見る 関連コラム

「8-2. 金融政策を理解する」のアイキャッチ画像
金融政策と不動産市場 8-2. 金融政策を理解する

金融政策において、とても重要な理論的バックグラウンドとして「フィリップス・カーブ(曲線)」があります。これは1960年に、米国の経済学者であるポール・サミュエルソンとロバート・ソローの論文『反インフレ…

動画を見る 関連コラム

「8-1. 金融市場と不動産市場との連関」のアイキャッチ画像
金融政策と不動産市場 8-1. 金融市場と不動産市場との連関

地価のファンダメンタルズ(基礎的な条件)は、土地が生み出す将来収益の割引現在価値に等しいと考えることができます。

動画を見る 関連コラム

「7-4. 国際不動産投資の課題」のアイキャッチ画像
国際不動産投資市場 7-4. 国際不動産投資の課題

日本の不動産市場では、2017年頃から投資資金の多様性を高めようと、国際不動産投資への関心が高まってきました。

動画を見る 関連コラム

「7-3. Nationality Bias」のアイキャッチ画像
国際不動産投資市場 7-3. Nationality Bias

「ホーム・カントリー・バイアス」の次に、国籍によって生じるバイアス「ナショナリティ・バイアス(Nationality Bias)」について考えてみます。

動画を見る 関連コラム

「7-2. Home Country Bias」のアイキャッチ画像
国際不動産投資市場 7-2. Home Country Bias

同じ国籍同士の取引とは違ったリスクを取らなければなりません。これを「ホーム・カントリー・バイアス(Home Country Bias)」といいます。

動画を見る 関連コラム

「7-1.グローバル投資リスク」のアイキャッチ画像
国際不動産投資市場 7-1.グローバル投資リスク

国際的な不動産投資の問題を考える前に、グローバル投資のリスクについて考えてみましょう。

動画を見る 関連コラム

「6-5.人口動態と金融政策が不動産価格に与える影響」のアイキャッチ画像
不動産市場のマクロ分析 6-5.人口動態と金融政策が不動産価格に与える影響

「6-4. 人口動態の変化と不動産価格、金融政策のモデル化」で示した推計結果に基づいて、人口動態と金融政策が不動産価格にどのようなインパクトをもたらすのかを考えてみましょう。

動画を見る 関連コラム

「6-4.人口動態の変化と不動産価格、金融政策のモデル化」のアイキャッチ画像
不動産市場のマクロ分析 6-4.人口動態の変化と不動産価格、金融政策のモデル化

人口動態と不動産価格の関係を、金融政策を含めてモデル化し、どのような国際的力学が働いているのかを考えてみましょう。

動画を見る 関連コラム

49件/1〜30件を表示

登録料・年会費無料!経営に役立つ情報を配信
100年企業戦略
メンバーズ