100年企業レポート vol.18 富山編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.富山県の100年企業に関する分析

街の風景(富山県)

日本海側に位置する富山県は、東には日本三大山脈と呼ばれる飛騨山脈の一部である立山連峰、南には飛騨山脈、⻄にも石川県との県境の山があり、多くの山々に囲まれている。各山地を源にしている複数の河川が南北に流れ、富山湾へと繋がっている。そしてこれらの河川の扇状地として平野が発達した自然豊かな地域である。

富山県の100年企業数は、559社であり、全国23位である。

富山湾は、日本海で最大の外洋性内湾であり、水深は300m以上、もっとも深い場所で1,000mを超えるという。水深が多岐に渡るため、日本海に分布する800種のうち、500種の魚が獲れると言われるほど魚の種類が豊富である。その中でも特に、ブリ、ホタルイカ、シロエビは「富山のさかな」としてシンボルマークにもなっている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、富山県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ