100年企業レポート vol.19 青森編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.青森県の100年企業に関する分析


本州の最北端に位置する青森県。県の中央に位置する奥羽山脈が東西を分断しているため、東西で気候は大きく異なる。例えば冬になると、日本海側では湿った空気が奥羽山脈にぶつかり雪を降らせる一方、太平洋側は乾燥して雪が降らないのである。このような東西の違いは、気候だけでなく農産物や方言、文化にも及ぶため、地域ごとに多様な文化が築かれている。

青森県の100年企業数は、332社であり、全国41位である。

青森県の特産品といえば、りんごを思い浮かべる方も多いことだろう。青森県のりんご栽培は全国一の栽培面積を誇り、収穫量も全国の57%を占めている。まさに日本一のりんご王国なのである。そのほかにも様々な農産物が作られており、長芋やにんにく、ごぼうは全国1位の生産量を誇る。米の生産や畜産業、漁業など自然豊かな環境を生かした第1次産業が盛んである。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、青森県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

「100年企業戦略メンバーズ」へ登録すると、さらにお得な情報を無料でご提供します。

詳しくはこちら