100年企業レポート vol.25 熊本編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

熊本県の100年企業に関する分析

街並み_熊本
2016年に震災、2020年7月に記録的な豪雨に見舞われた熊本県。県内各地の観光施設が甚大な被害を受けたが、徐々に観光地として魅力を取り戻しつつある。県内には、日本三大名城のひとつとされる熊本城を中心とした市街地エリアのほかに、世界有数のカルデラとも数えられ、その活火山から生み出された雄大な自然・景観が魅力の阿蘇山など、歴史的建造物と大自然が多数点在する。

熊本県の100年企業数は、438社であり、全国28位である。

阿蘇山の火山活動によって多くの恩恵を受けている。阿蘇山の噴火によって形成された地層は水が浸透しやすく、地下に大量の地下水を貯水しているため多くの湧水スポットが存在する。ミネラル成分がバランスよく含まれており水量の豊富さだけでなく、水質や味の良さにも定評がある。また、阿蘇山周辺をはじめ熊本県内には多くの温泉が湧いており、さまざまな効能を体験できることから多くの観光客を集めている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、熊本県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ