100年企業レポート vol.36 福井編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

福井県の100年企業に関する分析

福井の街並み
粘り強い、抜け目がない、効率よく利益を追求するタイプが多く、商人の才があったことから「越前商人」と呼ばれた福井県民。この県民性により、社長輩出率が高い県として知られている。また、日本総合研究所が分析したデータによると2014年から3年連続で「幸福度が日本一高い県」の実績を持ち、全国のなかでも充実度の高い県といえるだろう。

福井県の100年企業数は、578社であり、全国21位である。

海と山に囲まれた豊かな自然が魅力である。なかでも砂流が細かく、きらめく白い砂が特徴的なことから名付けられた若狭湾に面する「水晶浜」は、日本の砂浜八十八選にも選出されており、日本海側随一の美しさを誇る海といわれている。また、波の侵食で切り取られた断崖絶壁が約1㎞も続く「東尋坊」は、輝石安山岩の柱状節理でこの規模のものは世界に3カ所だけであり希少価値が高く、国の天然記念物にも指定されている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、福井県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

関連記事