100年企業レポート vol.48 沖縄編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

沖縄県の100年企業に関する分析

沖縄の街並み

戦中戦後ともに怒涛の時代を生きてきた沖縄は今も多くの問題をかかえているが、窮地の中を耐え抜いた沖縄県民は明るく楽天的で、ゆったりとした性格の方が多いといわれている。また同じ始祖をもつ父系の血縁集団を「門中」といい、一族間の結びつき・連帯意識はとても強い。有名なのは一族団結の象徴として建てられる共同墓の「門中墓」。その中でも、糸満市にある「幸地腹・赤比儀腹両門中墓」は県内最大級の規模を持ち、観光地にもなっている。

沖縄県の100年企業数は、21社であり、全国47位である。

「琉球王国」と呼ばれ、海洋国家であった沖縄は南方の気質が残る土地柄であり、アジア各国と日本の双方の影響を受け、歴史と独自の文化を築いてきた。王国であった沖縄には多くの城(沖縄の方言で「グスク」)や遺跡が残されている。首里城をはじめ「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」として世界遺産登録されたスポットが全部で9カ所あり、琉球王国時代の城跡や斎場御嶽など、沖縄の古代ロマンを感じることができる。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、沖縄県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

関連記事