100年企業レポート vol.21 石川編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

石川県の100年企業に関する分析


本州のほぼ中央部、日本海側に位置する石川県。北部は日本海に突き出た能登半島、南東部の加賀地方には霊峰白山を擁するなど、多様な自然に恵まれている。そのような変化に富んだ表情を見せる石川県では、数多くの貴重な文化財が残されているほか、輪島塗をはじめとする優れた伝統文化や伝統工芸が脈々と受け継がれている。なかでも金沢箔の金箔は、金閣寺や日光東照宮などの歴史的建造物や漆器、陶器などさまざまな工芸品にも使われている。

石川県の100年企業数は、501社であり、全国27位である。

その一方で石川県は、季節を問わず、常に美しい景色が見られるよう設計された日本三名園のひとつ「兼六園」をはじめ、「金沢城」「ひがし茶屋街」「近江町市場」など、藩政期の面影をとどめた加賀藩の栄華を今に伝えるスポットが点在し、年間を通して多くの観光客が足を運んでいる。また金沢市の中心部に位置し、「新しい文化の創造」と「新たなまちの賑わいの創出」を目的に開設された金沢21世紀美術館もまた国内でもトップクラスの入館者数を誇っている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、石川県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

「100年企業戦略メンバーズ」へ登録すると、さらにお得な情報を無料でご提供します。

詳しくはこちら