100年企業レポート vol.23 徳島編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

徳島県の100年企業に関する分析

徳島街並み

四国の東側に位置する徳島県は、山と海の雄大な自然が広がり、春の花々や新緑、紅葉など四季折々の豊かな表情を楽しむことができる。県南北に位置する山間部では、多種多様な滝も楽しめ、なかには日本の滝百選にも選ばれた風情ある景観が点在する。代表的な観光地といえば、「鳴門海峡」の渦潮だ。瀬戸内海と紀伊水道の干満差により、激しい潮流が発生することによりみられる現象である。渦の大きさは、世界最大規模といわれ、毎年国内外問わず多くの観光客が訪れている。

徳島県の100年企業数は、309社であり、全国42位である。

一方で徳島県は人口減少が激化し、県外からの移住支援に力をいれている。「VS東京」をコンセプトに、東京にない魅力をPRし、地域創生や地域活性化を目指している。そんな地方創生の成功例が、「地方創生の聖地」といわれている徳島県の神山町だ。高速インターネット回線と自然豊かな環境に魅せられ、働き方の模索や本社機能分散を求めたIT企業が相次いでサテライトオフィスを開き、移住者が増加した。また徳島県の多くの自治体では、移住サポートだけではなく子育て環境の整備や取り組みが導入されており、暮らしの面で充実な施策を打ち出している。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、徳島県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ