100年企業レポート vol.35 福島編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

福島県の100年企業に関する分析

福島の街並み
大きく会津地方、中通り地方、浜通り地方の3つの地域に分けられ、それぞれ異なった自然や気候風土をもつ福島県。会津地方の福島県を代表する山「磐梯山」。その麓には「猪苗代湖」、沼により色の異なる「五色沼」など湖沼があり観光地として有名である。とくに「五色沼」は2016年にミシュラン・グリーンガイドの一つ星に認定されたこともあり、日本のみならず世界からの注目も高いといえる。

福島県の100年企業数は、708社であり、全国17位である。

福島県は世界的に有名な医学者である野口英世の生まれた街でもあり、野口英世記念館をはじめ日本の歴史の流れを残す建物が多く残されている。会津若松市のシンボルであり、大河ドラマでも話題となった「鶴ヶ城」は、福島の厳しい冬に耐えられる赤い瓦が特徴で、日本で唯一赤瓦の天守閣である。また例年1月中旬から3月にかけて雪が積もることで、日本でも珍しい雪景色の城を見ることができることでも有名である。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、福島県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

関連記事