100年企業レポート vol.45 大分編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

大分県の100年企業に関する分析

大分の街並み
大分県は、日本列島において、「熱源」・「水の通路(断裂系)」・「水源(適度な降水量)」という温泉の3つの要件が最高レベルであり、マグマ吹き出し口が作られやすい場所に位置している。別府温泉や由布院温泉をはじめ多くの温泉を有し、源泉数、湧出量ともに日本一。温泉は、古くから浴用や飲用を中心に、湯治などの温泉療養や観光資源として利用されてきたが、近年クリ-ンエネルギ-としても注目され、温泉熱を利用した暖房や施設園芸、野菜の栽培、養殖など地熱発電等の産業面にも幅広く利用されている。

大分県の100年企業数は、357社であり、全国39位である。

以前の大分県は製造業が中心だったが、情報関連産業も積極的に誘致を進め、都心部のIT企業や人材を迎え入れるなど、互いの交流や誘致を進める新たな事業がスタートしている。通信網や施設整備、UIJターンの受け入れ、求人が堅調なIT業界に狙いを定めて移住希望者を支援する事業を進めている。県内へのIT企業の誘致、交流、業務提携促進、情報関連産業も積極的に誘致を進める対象に加え、サテライトオフィスの誘致や地元の面白いIT企業とコラボなど、”おおいた”をフィールドとした、「おおいた×IT」が全国的に注目を集めている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、大分県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

関連記事