アフターコロナで東京はどうなる~都市政策の視点から見る東京の主要イベント延期と景気動向~

コロナウイルス感染症の拡大は、世界にリーマンショックと同等、あるいはそれ以上の景気の低迷をもたらすと言われており、日本も主要なイベントが延期されるなど大きな影響を受けています。

一方で、多くの人が在宅勤務を余儀なくされたことで、事業継続性の確保(BCP)のためのテレワークが重大な意味を持ち、オフィス以外での勤務や働き方改革を進展させるという側面もありました。

ではアフターコロナの日本、とりわけ東京の都市としての発展や不動産はどうなっていくのか。
明治大学名誉教授の市川宏雄氏に、都市政策の視点からいくつかのシナリオをもとに、アフターコロナの東京についてお話いただきました。

セミナー開催日:2020年5月19日

この記事は100年企業戦略メンバーズ会員専用です。クーポンコードで会員認証を行うと
続きをお読みいただけます。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

  • 100年企業戦略メンバーズ会員の方
  • 未登録の方はこちら無料会員登録