コロナ後の世界と都市問題①
コロナ後の世界をどう見るか? 2030年、2040年の未来予測~都市と不動産を中心に~③

本連載では、コロナ後の世界を見通した3冊の本(『2040年の未来予測』(成毛眞著)、『2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ』(ピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラー著)、『パンデミック後の世界 10の教訓』(ファリード・ザカリア著))を取り上げて、特に、都市と不動産の問題に焦点を当てて、解説していきます。

今回は、アメリカのジャーナリストのファリード・ザカリアによる『パンデミック後の世界 10の教訓』の内容を見ながら、前回までの議論を受ける形で、都市の問題について考えてみたいと思います。

前回までの連載はこちら
第1回「2040年の日本社会の姿とは?」
第2回「日本の地政学リスクと不動産市場の将来」

本書の著者のファリード・ザカリアは、インド・ムンバイ出身のアメリカのジャーナリストで国際問題評論家です。『フォーリン・アフェアーズ』編集長、『ニューズウィーク』国際版編集長を経て、現在はCNNの報道番組「ファリード・ザカリアGPS」のホストや、ワシントン・ポスト紙のコラムニストなどを務めています。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが、今回の新型コロナウイルスのようなパンデミック(感染爆発)を、2015年のTEDトークで警告していたのは有名な話ですが、ザガリアも2017年6月の自らのCNN番組で、世界的感染爆発はアメリカが直面する最大の脅威だとし、備えの遅れに対し警告を発していました。

https://www.ted.com/talks/bill_gates_the_next_outbreak_we_re_not_ready/transcript?language=ja


この続きは100年企業戦略メンバーズ会員専用です。クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

  • 100年企業戦略メンバーズ会員の方
  • 未登録の方はこちら無料会員登録