今さら聞けない「ワインの常識」――飲む前にこれだけ知っておこう

※百計オンラインの過去記事(2015/08/01公開)より転載

デートや飲み会でスマートに!ワインの基礎知識

フレンチやイタリアンのレストランではもちろん、最近では和食のお店やカジュアルな飲食店でもワインを豊富に揃えていることが多くなっています。以前よりも接待や飲み会、デートなどの場面で、ワインを飲む機会が増えてきたという方も多いのではないでしょうか。

ワイン通とは言わないまでも、最低限の知識やマナーは知っておきたいもの。デートや接待の場でスマートにワインをオーダーできるよう、ワインの基礎知識についてまとめてみました。

赤ワインと白ワインは何が違う?

まず、赤ワインと白ワインの違いについて知っておきましょう。赤ワインは、主に色の濃い黒ブドウ品種を使用し、ブドウを皮や種子ごと潰して発酵させ、その後に皮と種子を取り除く方法で作られます。白ワインは、主に色の薄い白ブドウ品種を使用し、皮や種子を取り除いてから発酵させて作られます。赤ワインは、皮なども一緒に長時間アルコール発酵される分、色素や苦味が白ワインに比べ濃くなるというわけです。

赤ワインは室温で発酵させるため、飲む時も冷やさず常温で飲むのが一般的。熟成が長いほど色濃く、また重みのある味わいに変化します。アルコール度数も白ワインよりも高いことが多く、抗酸化物質ポリフェノールも豊富に含まれています。

白ワインは10度前後に冷やして飲むのが一般的です。こちらも熟成が長いほど、色、味ともに濃くなりますが、熟成の浅い、いわゆる「若い」状態で飲むのが良いとされています。アルコール度数は低めのものが多く赤ワインよりも飲みやすいため、初めて飲む場合は白ワインから始めると良いでしょう。

料理にどう合わせるか?

魚料理は白ワイン、肉料理は赤ワインが合うというのが一般的ですが、これは白ワインの爽やかな口当たりが魚介を食べる時にさっぱりして良いこと、赤ワインの苦味が肉の臭みなどを打ち消してくれることから言われています。

基本的にはそうした組み合わせで良いのですが、あまりそれにとらわれずに、自分が合うと思ったワインを注文することも大切です。迷った時は、恥ずかしがらずにソムリエやウェイターに味の好みや予算などを伝えて、料理に適したワインを選んでもらうのもおすすめです。そうやって料理に合った美味しいワインを飲んでいるうちに、自然と好みのものが選べるようになるはずです。

赤ワイン3つの品種

赤と白の違いはわかっても、種類が多く、味の違いも細かくはわからない……という方も多いことでしょう。そこで、ワインのブドウ品種を簡単に紹介していきましょう。これだけでも、お酒の席での印象アップにもつながるはずです。

まず、赤ワインの品種から。代表的なのは「カベルネ・ソーヴィニヨン」。最もポピュラーな赤ワインで、フランスのボルドー地方やイタリアのトスカーナ地方、またチリなどでも多く作られています。どっしりと渋みのある味が特徴です。

続いて「メルロ」。同じくフランスのボルドー地方やチリなどで作られていて、こちらもどっしりとした味わいのなかに果実の風味もあり、「カベルネ・ソーヴィニヨン」よりもなめらかで飲みやすい品種となっています。

そして「ピノ・ノワール」。フランスのブルゴーニュ地方やアメリカのカリフォルニアなどで多く作られています。こちらは軽めで、華やかな果実の香りを楽しめる品種です。

白ワイン3つの品種

続いて白ワインの品種も3つみていきましょう。

まず、白ワインの代表格「シャルドネ」。フランスのブルゴーニュ地方やアメリカのカリフォルニア、チリなどで多く作られています。全体にバランスが良く、甘口から辛口まで楽しめます。白ワインの中では比較的重めです。

次は「リースリング」。ドイツワインの代表と言える品種で、フランスのアルザスなどでも作られています。フレッシュな辛口から極甘口の貴腐タイプまで楽しめる上品なワインです。

そして、「ソーヴィニヨン・ブラン」。フランスのボルドー地方やニュージーランド、チリなどで作られています。軽く清涼感のある口当たりが特徴で、とても飲みやすい品種です。

マナー面も大切

最後に、マナーもチェックしておきましょう。ワインの乾杯の時はグラスをぶつけず、相手の目を見ながら、軽く目の高さまでグラスを上げるのがマナーです。

続いて注ぎ方です。レディーファーストとボトルが重いという面から、男性が注ぐのが一般的です。ソムリエがいる高級レストランの場合は、注ぎにきてくれるので自分で入れる必要はありません。注いでもらう際は、グラスをテーブルに置いたままにしておきます。

ワインはハマるとじつに奥深い世界。基本的な味やマナーを覚えて、ぜひ楽しんでみてみましょう。

 

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

「100年企業戦略メンバーズ」へ登録すると、さらにお得な情報を無料でご提供します。

詳しくはこちら