データドリブンな企業への変容 ~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2

本連載では、「企業はDXをどのように進めていけばいいのか?」という大きな問いの下で、AIには何ができるのか、どのように企業の中で装着させていったらいいのか、その先にはどのような企業の姿が待っているのかを示していきたいと考えています。

前回はこちら
経営者はAIとどう向き合うべきか①-1

人工知能AIとは?


DXを推進していこうとすると、AIなどの新しい最先端テクノロジーを正しく理解しないといけません。オンライン書店で「AI」や「人工知能」という言葉で検索すると、本の題名には「ディープラーニング」「パターン認識」「マシンラーニング(機械学習)」「シンギュラリティ」「VR(仮想現実)」「データサイエンティスト」という様々なキーワードが出てきます。

そうすると、担当になった清水部長は、どの本から読めばいいのでしょうか。どのような勉強をすればよいのか、そこから困ってしまうでしょう。聞いたこともない言葉が出てくるわけですから、それだけで難しいものと考えてしまい、悩んでしまうかもしれません。大学にも最近までAIという分野はなく、工学部、理学部、医学部、経済学部などのそれぞれの分野で、機械学習という解析手法が活用されていただけだったと思います。海外では、統計学部やコンピューターサイエンスの学部があり、そこでは古くから総合的な教育が行われてきました。そのような中で、わが国でも近年になって「データサイエンス学部」がいくつかの大学で設置されるようにはなってきました。

機械学習と呼ばれるAIの開発において心臓部となる各種手法も、時代によって変化し発達してきています。そのような技術的な問題も、AIでビジネスを実践していくうえでは、最低限の知識を習得しておかなければなりません。

この続きは100年企業戦略メンバーズ会員専用です。クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

  • 100年企業戦略メンバーズ会員の方
  • 未登録の方はこちら無料会員登録