AIと予測(AIで何ができるのか?)
~経営者はAIとどう向き合うべきか②

AIは正しい判断ができるのか


ある会社の経営者が「AIを使って事業を改善したい」と考えました。本シリーズの前回、DX事業部が立ち上がり、理系出身の清水君が部長に任命されましたが、清水君は具体的に何を行うのかで頭を悩ませていました。

前回の記事はこちら

データドリブンな企業への変容 ~経営者はAIとどう向き合うべきか①-1

データドリブンな企業への変容 ~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2



その経営者には「最近はAI、AIといわれるが、AIには、何ができるのか。今までのテクノロジーと何が違うのか」ということが、なかなか理解できません。「仲のよいA社ではAIを導入したと聞くが、AIは何をやってくれるのか。清水君と最近契約したB社のデータサイエンティストに聞いてみよう」と、社長室に清水君を呼ぶと、清水君から次のような報告がありました。

「社長、B社からシステム開発の提案がありました。わが社の潜在的な顧客をAIで予測してくれるシステムです。」

どの企業でも、潜在的な顧客を発掘するために営業活動を展開していますが、その営業部隊には多額の人件費がかかっているでしょう。AIを使えば、どこに潜在的な顧客がいるかを予測するシステムを実現できるというのです。そのためには「社内データを精査し、アルゴリズムを開発し、システムに落とし込む必要がある」という提案です。

「ただ、今はデータサイエンティストの人件費が非常に高騰しているので、わが社のデータを使ってシステム開発するのに8,000万円の費用がかかるそうです。それで稟議をあげてよいでしょうか。」

実はこの話、私が関係したプロジェクトで実際にあったエピソードです。私は研究者なので具体的な金額は聞いていませんが、最終的には1億円を大きく超える費用を支払ったようです。ここで問題となるのは「何に基づいて投資すればよいのか」という判断基準です。この費用が高いのか安いのか、経営者にはその判断が求められます。

この続きは100年企業戦略メンバーズ会員専用です。クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

  • 100年企業戦略メンバーズ会員の方
  • 未登録の方はこちら無料会員登録