すべてが「加速」する世界に備えよ
コロナ後の世界をどう見るか? 2030年、2040年の未来予測~都市と不動産を中心に~⑤

本連載では、コロナ後の世界を見通した3冊の本(『2040年の未来予測』(成毛眞著)、『2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ』(ピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラー著)、『パンデミック後の世界 10の教訓』(ファリード・ザカリア著))を取り上げて、特に、都市と不動産の問題に焦点を当てて、解説していきます。

「コロナ後の世界をどう見るか? 2030年、2040年の未来予測~都市と不動産を中心に~」の最終回は、『2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ』(ピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラー著)を取り上げて、テクノロジーの観点から未来はどうなるのか、特に不動産がどのように変わるのかを見てみたいと思います。

前回までの連載はこちら
第1回「2040年の日本社会の姿とは?」
第2回「日本の地政学リスクと不動産市場の将来」
第3回「コロナ後の世界と都市問題①」
第4回「コロナ後の世界と都市問題②」

本書の著者の一人で「シリコンバレーの父」と呼ばれるピーター・ディアマンディス(以下、ディアマンディス)は、MIT(マサチューセッツ工科大学)で分子生物学と航空工学の学位、ハーバード・メディカルスクールで医学の学位を取得した後に、民間宇宙開発を支援するXプライズ財団を立ち上げてCEOに就任しています。また、テクノロジー分野で多くのスタートアップを設立するシリアルアントレプレナー(連続起業家)でもあります。

更に、Google、3Dシステムズ、NASAの後援を得て、シリコンバレーでシンギュラリティ大学を創設するなど、そのビジョンは、盟友のイーロン・マスク(スペースX、テスラCEO)を始め、ラリー・ペイジ(Google創業者)やビル・クリントン元大統領らからも絶大な支持を受けている、アメリカを代表するビジョナリー(事業の将来を見通した展望を持っている人物)の一人でもあります。

ディアマンディスらは、これから10年(原著は2019年刊行)という2030年までの近未来において、ビジネス、産業、ライフスタイルなどのあらゆる面で、私たちの想像を超えて加速する未来、かつてないほどの勢いで空想が現実化する世界が到来すると言います。そこでは、地球上の主要産業が一つ残らず、全く新しいものに生まれ変わるというのです 。

この続きは100年企業戦略メンバーズ会員専用です。クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

  • 100年企業戦略メンバーズ会員の方
  • 未登録の方はこちら無料会員登録