AIが行う予測と判断、人間の意思決定
~企業はAIとどう向き合うべきか⑦

「AIが行う予測と判断、人間の意思決定<br>~企業はAIとどう向き合うべきか⑦」のアイキャッチ画像

目次

【関連コラム】
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-1
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2
AIと予測(AIで何ができるのか?)~経営者はAIとどう向き合うべきか②
AIの発展と方法論~経営者はAIとどう向き合うべきか③
機械学習の発展と、不動産価格の予測~経営者はAIとどう向き合うべきか④
AIを生み出すデータ資源~経営者はAIとどう向き合うべきか⑤
データ資源と決断~経営者はAIとどう向き合うべきか⑥

決断とは?

「AIは、何をしてくれるものか?」とよく聞かれます。AIは、広義の意味で予測をしてくれるものです。そう理解した企業A社の社長は、次のように考えました。「AIが予測をしてくれることは分かった。人間が犯すミスをしないことも分かった。会社経営において最も大切な意思決定は人事である。人事にAIを使うようにDX事業部長の清水君に指示しよう。」

経営資源としてのHR(Human Resources, 人的資源)は、どの企業でも一般化できることから、最も研究が進んだ分野です。HRにAIを導入すると、「AIが予測した時の決断は正しいのか」「どれぐらい信じたらよいのか」という問題が出てきます。

「コンサルタントのB社が作ってきたAIが、X部長のパフォーマンスが悪いので交代させた方がよい、という決定をしてきました。いかがしますか。X部長が編成した営業チームは精鋭ぞろいですが、成績が下がる一方です。」

この続きは
100年企業戦略メンバーズ会員専用です。

クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

100年企業戦略メンバーズ会員の方

未登録の方はこちら

無料会員登録

登録料・年会費無料!経営に役立つ情報を配信
100年企業戦略
メンバーズ