ワークフローと決断を分解する ~企業はAIとどう向き合うべきか⑨

「ワークフローと決断を分解する ~企業はAIとどう向き合うべきか⑨」のアイキャッチ画像

目次

【関連コラム】
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-1
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2
AIと予測(AIで何ができるのか?)~経営者はAIとどう向き合うべきか②
AIの発展と方法論~経営者はAIとどう向き合うべきか③
機械学習の発展と、不動産価格の予測~経営者はAIとどう向き合うべきか④
AIを生み出すデータ資源~経営者はAIとどう向き合うべきか⑤
データ資源と決断~経営者はAIとどう向き合うべきか⑥
AIが行う予測と判断、人間の意思決定~企業はAIとどう向き合うべきか⑦>
AIが行う予測と、最善の判断~企業はAIとどう向き合うべきか⑧

「弱いAI」と経営者の判断

AIビジネスにおいて、人間と機械はどのように分業していけばよいのでしょうか。

SF(Science Fiction)の世界に登場する「鉄腕アトム」や「ドラえもん」などのロボットは、人間以上の力を持ち、まるで人間のように振舞っています。このような完全なAIを「強いAI」といい、いずれ機械が人間に置き換わるようになるかもしれません。しかし、現時点ではAIはそこまでのレベルには至っていません。人間の領域に達するようなAIが開発されるには、まだまだ多くの時間がかかるでしょう。現在のAIは、予測マシンを使って、一部の決断ができるだけの「弱いAI」です。企業としては、そのような「弱いAI」をどのように装着していくのかを考えなければなりません。

この続きは
100年企業戦略メンバーズ会員専用です。

クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

100年企業戦略メンバーズ会員の方

未登録の方はこちら

無料会員登録

登録料・年会費無料!経営に役立つ情報を配信
100年企業戦略
メンバーズ