100年企業レポート vol.22 兵庫編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

兵庫県の100年企業に関する分析


日本で初めてユネスコの世界遺産に登録された国宝「姫路城」をはじめ、世界最長の吊り橋である「明石海峡大橋」や、鎖国政策の終わりと近代日本の幕開けの面影を残す神戸旧居留地など、地域の歴史的魅力や特色が豊富な兵庫県。文化庁が認定する日本遺産の数も全国最多である。それぞれの季節に異なる魅力あふれる自然や風景を求めて、年間を通して多くの観光客が足を運んでいる。

兵庫県の100年企業数は、1,225社であり、全国6位である。

兵庫県の特徴として欠かせないのが「温泉」。戦国三英傑の1人に数えられている、かの有名な戦国武将‟豊臣秀吉“もこよなく愛した伝統の湯どころ「有馬温泉」や、1300年もの歴史がある「城崎温泉」は古くから多くの文豪も訪れ、白樺派を代表する小説家のひとり‟志賀直哉”の『城の崎にて』はこの地で執筆された小説として有名である。多くの温泉旅館やホテルが立ち並び、昔も今も変わらぬ賑わいのある温泉地として、国内有数の人気を誇っている。

 本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、兵庫県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ