100年企業レポート vol.29 秋田編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

秋田県の100年企業に関する分析


東北地方の北西部に位置する秋田県は、重要無形民俗文化財が日本で最も多い県。男鹿半島の奇習「なまはげ」や、東北三大祭りの「秋田竿燈まつり」など、独自の伝統文化や風習が数多く残っている。民俗芸能が多く残る理由は、自然豊かで災害が少なく文化の継承がされやすかったことや、長く厳しい冬を乗り越えるために祭事が大切にされてきたからではないかといわれている。しかし、今全国で最も人口減少が進んでおり、先祖代々伝えられてきた民俗芸能の継承が困難といった危機に直面している。

秋田県の100年企業数は、400社であり、全国32位である。

秋田県は全国有数の米どころとして知られ、また良質な水源や気候風土にも恵まれていることから清酒の生産量や消費量も高く「美酒王国」といわれている。雪国の寒い気候をうまく利用し、低温でじっくりと時間をかけて仕込む伝統製法「秋田流低温長期発酵」で造られた日本酒は、ゆっくりと発酵することから、きめが細かくなめらかで口あたりのやさしい淡麗な味わいになる。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、秋田県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ