プレミアムカード(富裕層向けクレジットカード)増加 〜基準を満たした者だけに許される愉楽

※百計オンラインの過去記事(2016/07/29公開)より転載

クレジットカードは、今や日常生活に必要不可欠なツールです。スマートな支払いを可能にするだけではなく、自分自身の信用度を表す重要なアイテムでもあります。海外では宿泊やレストランの予約に欠かすことはできませんし、国内でも会員制サービスなどの支払いはクレジットカードのみであることも多いです。これは、カードホルダーであることが一定の信用を示すことの証であるということです。

逆に、社会的信用がなければクレジットカードは持てません。年齢、勤務先、勤続年数、年収など、カードを作る時にはこのような属性情報を審査されますが、一般的なカードよりもゴールドカードやプラチナカードといったプレミアムカードのほうが審査の基準は厳しくなっています。

つまり、プレミアムカードを持つことは、基準を満たした者だけに許される愉楽であるとも言えるでしょう。

現在増加中の、持つ人のステータスを演出するプレミアムカード

プレミアムカードは富裕層をターゲットにしており、学生や年収が基準以下の者は作れません。年会費はゴールドカードなら1万円から3万円、さらにグレードの高いプラチナカードでは5万円から数十万円するものまであります。また、利用限度額も数百万円など高額に設定されています。中には限度額の設定がないカードまであります。これは、それだけの支出ができるということ、そして高額商品やサービスの価値を知っているということでもあります。

カード1枚で、そのような人物像を演出できるのは、プレミアムカードの特徴でしょう。そして今、そんなステータス性の高いカードが増えているそうです。

イメージだけではない、プレミアムカードの実力

決して安価ではないプレミアムカードの年会費ですが、それに見合ったサービスが付いているため、使えば使うほどその良さを実感できるのではないでしょうか。各種サービスはクレジットカード会社ごとに違いがあり、自分のライフスタイルに合わせて選びたいという気持ちは誰もが思うことです。代表的なサービスをいくつか挙げてみました。

● コンシェルジュサービス
航空券の手配、イベントやホテルの予約、旅行プランの相談などが年中無休で24時間対応となっています。

● 有名レストランや料亭の割引
混んでいる時期のレストランや料亭の予約はもちろん、2名以上の利用で1名分が無料になるサービスもあります。

● 宿泊ホテルのアップグレード
部屋、または料理をアップグレードするサービスです。

● 海外・国内の旅行保険
一般的なカードと異なり、海外旅行保険が自動的に付いていたり、家族も補償の対象になっていたりすることが多いです。

● ショッピング保険
カードで購入した品物の破損・盗難などに対して、特定の期間補償されます。買った直後に壊れてしまった時でも安心です。

● 無料医療電話相談
急な病気やケガだけではなく、健康上の心配事を相談することもできる専用ダイヤルです。

● 航空ラウンジサービス
通常であれば利用料が数千円かかる国内外の空港ラウンジを無料で利用できます。フリードリンクや無線LANなどのサービスがあります。

入会審査基準は厳しいが、それだけの価値がある

クレジットカードを作るためには入会審査があります。ゴールドカードでは、特に年齢、年収、勤務年数(事業年数)、居住年数が重視されるようです。詳細は各社独自の審査基準があり、完全には公表されていませんが、正社員ではないと厳しいと考えられます。

プラチナカードの場合は、カード会社からゴールドカードホルダーにアップグレードの招待状が送られてくることで申し込めるようになっていますが、最近は自分から申し込めるカードも発行されています。

ビジネスにもプライベートにも大活躍間違いなしのプレミアムカードは、本物を知る大人にはぜひ持っていてほしいものです。人生をより充実させるために、検討してみてはいかがでしょうか。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ