データ資源と決断
~企業はAIとどう向き合うべきか⑥

「データ資源と決断<br>~企業はAIとどう向き合うべきか⑥」のアイキャッチ画像

目次

【関連コラム】
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-1
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2
AIと予測(AIで何ができるのか?)~経営者はAIとどう向き合うべきか②
AIの発展と方法論~経営者はAIとどう向き合うべきか③
機械学習の発展と、不動産価格の予測~経営者はAIとどう向き合うべきか④
AIを生み出すデータ資源~経営者はAIとどう向き合うべきか⑤

ビッグデータとは

ビックデータとは?ビッグデータが持つ力とは何か。

近年において、「ビッグデータ」という言葉が、しばしば聞かれるようになりました。ビッグデータとは、明確な定義があるわけではありませんが、オックスフォード大学のヴィクトル・マイヤー・ショーンベルガー教授らは『ビッグデータの正体-情報の産業革命が世界のすべてを変える』という書籍の中で、「データの量:Volume」が多く、「多様:Variety」であり、「即時性:Velocity」を備えたデータであると定義しています。これを3つの「V」と言います。

つまり、データの数が多いというだけでなく、そのデータに対応した特徴量も豊富であるという条件が加わっています。特徴量が多いとは、データが持っている情報の数を意味します。AIとの関係でいうと、例えば個人の年収というデータであれば、100人の情報より1,000人、1,000人の情報より1万人、1万人の情報より10万人の情報があったほうが、賢いAIを作ることができます。

ただ、このようなデータの数だけではなく、そのひとつひとつの情報に、年収の決定要因となるであろう、学歴や職歴、業種、企業名、さらには性別や年齢などといった多様な情報があったほうが、AIはより正しく年収という目標を予測することができます。逆に、年収データだけが大量にあっても、学習させる特徴量が少なければ、AIの開発はできません。

この続きは
100年企業戦略メンバーズ会員専用です。

クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

100年企業戦略メンバーズ会員の方

未登録の方はこちら

無料会員登録

登録料・年会費無料!経営に役立つ情報を配信
100年企業戦略
メンバーズ