AIツール導入と、仕事の再編
~企業はAIとどう向き合うべきか⑩

「AIツール導入と、仕事の再編<br>~企業はAIとどう向き合うべきか⑩」のアイキャッチ画像

目次

【関連コラム】
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-1
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2
AIと予測(AIで何ができるのか?)~経営者はAIとどう向き合うべきか②
AIの発展と方法論~経営者はAIとどう向き合うべきか③
機械学習の発展と、不動産価格の予測~経営者はAIとどう向き合うべきか④
AIを生み出すデータ資源~経営者はAIとどう向き合うべきか⑤
データ資源と決断~経営者はAIとどう向き合うべきか⑥
AIが行う予測と判断、人間の意思決定~企業はAIとどう向き合うべきか⑦>
AIが行う予測と、最善の判断~企業はAIとどう向き合うべきか⑧>
ワークフローと決断を分解する~企業はAIとどう向き合うべきか⑨>

AIと人間の分業

AIツールの導入によって、仕事はどのように再編されるのでしょうか。将来的に人間が機械に置き換わってしまうことはありませんが、一部を機械が引き受けることで、人間が不要になるタスクが出てきます。しかし、人間に空き時間が生まれることにより補充されるタスクも出てきますので、これまで新しいテクノロジーが生まれても失業率が上昇することはありませんでした。

時代とともにタスクに対する評価は変化します。例えば、お札を数えるとか、タイピングをするといったタスクがそうです。かつての銀行では、お札を数える仕事が大事にされてきました。タイピングにおいても、特殊技術を持つ人間として高い評価を受け、「読み書きそろばん」といわれていた時代には非常に重要なテクノロジーでした。しかし、コンピューターが代替したことで、このような仕事の役割が失われ、人は異なる仕事へと割り振られていきました。

この続きは
100年企業戦略メンバーズ会員専用です。

クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

100年企業戦略メンバーズ会員の方

未登録の方はこちら

無料会員登録

登録料・年会費無料!経営に役立つ情報を配信
100年企業戦略
メンバーズ