100年企業レポート vol.07 香川編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

1.香川県の100年企業に関する分析

讃岐富士(香川県)

うどんの生産量、消費量ともに日本一を誇り、うどん県として知られる香川県。気候や土壌が小麦の栽培に適していたことに加え、うどんの出汁に使用される塩としょう油の生産が盛んだったことから、うどんが香川県に根差したと考えられている。

香川県の100年企業数は、414社であり、全国30位である。

香川県は、うどんだけでなく工芸文化も根強い。国の伝統的工芸品となっている「香川漆器」や 「丸亀うちわ」をはじめ、数多くの伝統的工芸品があり、現在37品目に渡る。いずれも生活の必需品となる道具を職人が手作業で作っており、時代の変化に合わせて長く愛され続けるための工夫を行っている。

本レポートでは、100年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、香川県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

関連記事