100年企業レポート vol.38 三重編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

三重県の100年企業に関する分析

三重の街並み
三重県は日本高度経済成長の象徴である工業地帯「四日市コンビナート」があり、産業の街として発展してきた。かつては発展途中に大気汚染等の工業問題も発生したが、現在は快適な環境を取り戻している。四日市の工業地帯はダイナミックで、さまざまな角度から観賞を楽しむことができることから「3D夜景」呼ばれている。工場観賞愛好家からは「聖地」といわれており、全国の工業地帯・コンビナートを有力な観光コンテンツとして導く柱となった。

三重県の100年企業数は、678社であり、全国18位である。

日本神話における最高神「天照大神」を祭る重要な役割を持つ神社で、皇大神宮と呼ばれる「内宮」と、豊受大神宮と呼ばれる「外宮」を中心に125社のお宮とお社の総称である「伊勢神宮」があることでも有名である。また、伊勢神宮内宮の門前町の真ん中にある「おかげ横丁」は、江戸時代から明治期の伊勢の町並みが再現され、建築物が移籍・再現されている。妻入りやきざみ囲い、南張り囲いなど伊勢地方の伝統的木造建築も見ることができる。

本レポートでは、100 年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、三重県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ