100年企業レポート vol.39 島根編

はじめに

日本は創業100年を超える長寿企業(本レポートでは『100年企業』と呼ぶ)が世界で最も多い国である。その理由や影響を与える要素が何であるかを探ることを、本研究のテーマにした。そして各都道府県の100年企業の特性や傾向を明らかにし、100年企業を創出しやすい環境や要因について分析を行うことが本研究の目的である。

島根県の100年企業に関する分析

島根の街並み
島根県は、自然のほかにも文化遺産も多くアジアで初めての鉱山遺跡として世界遺産に登録された「石見銀山とその文化的景観」がある。銀生産に関わる遺跡が豊富で状態よく残され、鉱山運営の全体像が自然環境と一体となった文化的景観が今も伝え残される「自然環境と共存した産業遺跡」であることが世界遺産選出の大きなポイントになった。

島根県の100年企業数は、375社であり、全国34位である。

出雲神話が有名で日本創世の中心地といわれる島根県。縁結びの元祖「出雲大社」は、日本最古かつ最大の神社建築といわれる高さ24mもある国宝の本殿や、長さと胴回りが日本最大級の神楽殿のしめ縄が飾られている。出雲大社に祀られる「大国主大神」は、古くから「縁結びの神様」して信仰され、縁結びは男女の縁だけではなく、人々の取り巻くあらゆる繋がりのご縁を結ぶものとされているため、全国から多くの人が良縁を求めて訪れている。

本レポートでは、100 年企業数に相関の高い指標別にレーダーチャートを用いて、島根県の特性を分析した。

続きはPDFにてダウンロードして
ご覧いただけます。
ダウンロードには会員登録が必要です。

著者

株式会社ボルテックス 100年企業戦略研究所

1社でも多くの100年企業を創出するために。
ボルテックスのシンクタンク『100年企業戦略研究所』は、長寿企業の事業継続性に関する
調査・分析をはじめ、「東京」の強みやその将来性について独自の研究を続けています。

100年企業戦略研究所 ロゴ

関連記事