AIビジネスにおける企業戦略と未来 ~企業はAIとどう向き合うべきか⑪

「AIビジネスにおける企業戦略と未来 ~企業はAIとどう向き合うべきか⑪」のアイキャッチ画像

目次

【関連コラム】
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-1
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2
AIと予測(AIで何ができるのか?)~経営者はAIとどう向き合うべきか②
AIの発展と方法論~経営者はAIとどう向き合うべきか③
機械学習の発展と、不動産価格の予測~経営者はAIとどう向き合うべきか④
AIを生み出すデータ資源~経営者はAIとどう向き合うべきか⑤
データ資源と決断~経営者はAIとどう向き合うべきか⑥
AIが行う予測と判断、人間の意思決定~企業はAIとどう向き合うべきか⑦>
AIが行う予測と、最善の判断~企業はAIとどう向き合うべきか⑧>
ワークフローと決断を分解する~企業はAIとどう向き合うべきか⑨>
AIツール導入と、仕事の再編~企業はAIとどう向き合うべきか⑩>

これまで「経営者は、進化するAIの導入を、どのように進めていけばよいか」という視点から、企業におけるAI導入について整理してきました。ここからは「企業がAIを含む新しい技術を取り入れて、どのように戦略を作っていけばよいか」という点に注目していきます。

海図をつくる

最近では、多くの企業が、DX事業部やテクノロジー推進室のような組織を立ち上げ、工学系の大学や大学院を卒業した人を、そこの役職に任命しています。私自身も企業でそのような任命を受け、働いた経験があります。これまで登場してきたA社の社長も、DX事業部を立ち上げて「清水君」を部長に任命しました。

この続きは
100年企業戦略メンバーズ会員専用です。

クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

100年企業戦略メンバーズ会員の方

未登録の方はこちら

無料会員登録

登録料・年会費無料!経営に役立つ情報を配信
100年企業戦略
メンバーズ