AIは企業のビジネスをどのように変容させるか ~企業はAIとどう向き合うべきか⑫

「AIは企業のビジネスをどのように変容させるか ~企業はAIとどう向き合うべきか⑫」のアイキャッチ画像

目次

【関連コラム】
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-1
データドリブンな企業への変容~経営者はAIとどう向き合うべきか①-2
AIと予測(AIで何ができるのか?)~経営者はAIとどう向き合うべきか②
AIの発展と方法論~経営者はAIとどう向き合うべきか③
機械学習の発展と、不動産価格の予測~経営者はAIとどう向き合うべきか④
AIを生み出すデータ資源~経営者はAIとどう向き合うべきか⑤
データ資源と決断~経営者はAIとどう向き合うべきか⑥
AIが行う予測と判断、人間の意思決定~企業はAIとどう向き合うべきか⑦>
AIが行う予測と、最善の判断~企業はAIとどう向き合うべきか⑧>
ワークフローと決断を分解する~企業はAIとどう向き合うべきか⑨>
AIツール導入と、仕事の再編~企業はAIとどう向き合うべきか⑩>
AIビジネスにおける企業戦略と未来~企業はAIとどう向き合うべきか⑪>

組織ヒエラルキーの変化

『マネーボール』は、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスを舞台に、選手とゲームに関するデータベースシステムである「セイバーメトリックス」を使って、野球選手を補強していく小説『The Art of Winning an Unfair Game』を映画化したものです。

従来、選手を評価するときには、盗塁数や打率といった指標で判断するのが常識で、それに基づいて選手を補強していました。しかし、実際の分析では、勝敗に影響するのは出塁率や長打率であると予測が出ました。それに基づいて意思決定を行い、選手補強やチーム編成のルールを変更することで、予算が制約されているなかでもアスレチックスは勝ち進んでいきます。今までと違う指標で判断することで、スカウトやチーム編成を行う組織に行動変容が起きたのです。

この続きは
100年企業戦略メンバーズ会員専用です。

クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

100年企業戦略メンバーズ会員の方

未登録の方はこちら

無料会員登録

登録料・年会費無料!経営に役立つ情報を配信
100年企業戦略
メンバーズ