ワークフローと決断を分解する
~企業はAIとどう向き合うべきか⑨


「弱いAI」と経営者の判断


AIビジネスにおいて、人間と機械はどのように分業していけばよいのでしょうか。

SF(Science Fiction)の世界に登場する「鉄腕アトム」や「ドラえもん」などのロボットは、人間以上の力を持ち、まるで人間のように振舞っています。このような完全なAIを「強いAI」といい、いずれ機械が人間に置き換わるようになるかもしれません。しかし、現時点ではAIはそこまでのレベルには至っていません。人間の領域に達するようなAIが開発されるには、まだまだ多くの時間がかかるでしょう。現在のAIは、予測マシンを使って、一部の決断ができるだけの「弱いAI」です。企業としては、そのような「弱いAI」をどのように装着していくのかを考えなければなりません。

この続きは100年企業戦略メンバーズ会員専用です。クーポンコードで会員認証してください。
クーポンコードは会員登録完了メールや
お知らせに記載しています。

  • 100年企業戦略メンバーズ会員の方
  • 未登録の方はこちら無料会員登録